動物用抗菌剤の基礎と応用。 薬剤耐性菌に関する研究調査、 知識及び技術の普及を目指して。

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大


トピックス

2016 年度 動物用抗菌剤研究会第 43 回シンポジウムのお知らせ

2016 年度 動物用抗菌剤研究会第 43 回シンポジウムが下記のとおり開催されます

1. 日時:2016 年 4 月 23 日(土)10:00~17:20

2. 場所:日本獣医生命科学大学 C 棟 5F C-501 講義室

3. プログラム

10:00~10:30 総会

▼10:30~12:30 特別講演
————————————————————-

座長 田村 豊(酪農大)
動物医療における抗菌剤の責任ある使用について
AGP(抗菌性成長促進剤)に対する EU 及び米国のアプローチの比較
Dr. Shabbir Simjee
Microbiologist, Elanco Animal Health, Eli Lilly England
————————————————————-

12:30~13:30 <休憩>

▼13:30~14:50
————————————————————-

シンポジウムⅠ 牛の乳房炎起因菌の薬剤感受性と治療戦略
座長 平山紀夫(動物用抗菌剤研究会副理事長)

1. 牛の乳房炎の疫学(仮題)
樋口豪紀(酪農学園大学)

2. 牛の乳房炎起因菌の微生物学特徴
片岡 康(日本獣医生命科学大学)

————————————————————-

14:50~15:00 <休憩>

▼15:00~16:30
————————————————————-
3. 牛の乳房炎原因菌の薬剤感受性状況
加藤敏英(NOSAI 山形)

4. 牛の乳房炎の治療戦略
河合一洋(麻布大学)
————————————————————-

16:30~16:40 <休憩>

▼16:40~17:20
————————————————————-

シンポジウムⅡ 新効能および新規に開発された動物用抗菌剤
座長 片岡 康(日本獣医生命科学大学)

1. セフォベシン(新効能)
橋口 順子(ゾエティスジャパン株式会社)

2. オスルニア(新規)
演者未定(エランコジャパン株式会社)
17:20 閉会
3. 牛の乳房炎原因菌の薬剤感受性状況

4. 牛の乳房炎の治療戦略

————————————————————-

16:30~16:40 <休憩>

▼16:40~17:20
————————————————————-
シンポジウムII 新効能および新規に開発された動物用抗菌剤

1. セフォベシン(新効能)

橋口 順子(ゾエティスジャパン株式会社)

1. オスルニア(新規)

演者未定(エランコジャパン株式会社)
————————————————————-

 

17:20 閉会



2016.03.24|おしらせ

TOPへ