動物用抗菌剤の基礎と応用。 薬剤耐性菌に関する研究調査、 知識及び技術の普及を目指して。

  • 文字サイズの変更
  • 小
  • 中
  • 大


トピックス

2018年度 動物用抗菌剤研究会 第45回シンポジウム開催のお知らせ

2018年度 動物用抗菌剤研究会 第45回シンポジウムが下記の通り開催されます。

1.日時:2018年 4月28日(土)10:00~15:10
2.場所:日本獣医生命科学大学 C 棟 5F C-501 講義室
3.プログラム
10:00~10:45総会
10:45~12:00特別講演
 座長 田村 豊(酪農学園大学)
質量分析装置を用いた細菌の迅速同定法の現状と薬剤感受性試験への応用
 大楠清文(東京医科大学医学部微生物学分野)
12:00~13:00<休憩>
13:00~15:00 シンポジウムⅠ 耐性菌時代を迎えた細菌感染症の診断と対策
 座長 浅井鉄夫(岐阜大学)・臼井 優(酪農学園大学)
1.アジアにおける多剤耐性結核の現状と迅速遺伝子診断法の開発
 中島千絵(北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター)
2.カンピロバクターの迅速同定法と耐性菌の識別
 臼井 優(酪農学園大学獣医学群食品衛生学)
3.培地による耐性菌検出の現状
 小野﨑正修(関東化学 ライフサイエンス部)
15:00~15:10<休憩>
15:10~16:30 4.耐性菌対策におけるフラボフォスフォリポールの新たな可能性
 工藤逸美(ミヤリサン製薬株式会社東京研究部)
5.バクテリオファージの耐性菌感染症への応用
 岩野英知(酪農学園大学獣医学群獣医生化学)
16:30~16:40<休憩>
16:40~17:10 シンポジウムⅡ 新配合及び新投与経路動物用抗菌性物質製剤
座長 片岡 康(日本獣医生命科学大学)
1.セフチオフル
 佐々木家治(ゾエティス・ジャパン株式会社)
2.ゲンタマイシン
 立野悦子(株式会社ビルバックジャパン)
17:10閉会



2018.04.09|おしらせ, 全件表示

TOPへ